2009年12月29日

おもちゃ工作・・・Arduino踏み切り

Arduino サーボモータ 踏み切り Arduino サーボモータ 踏み切り

arduinoで息子の踏切のおもちゃを自作してみました。何のために作ったか・・・現時点では、3歳になろうとしている息子が自分で出来るはずもありません。今は息子と一緒になって作ることに意義があります。

現在、彼は機関車などの乗り物に興味を持っております。

最近は、信号や踏切りなど乗り物に関係するあらゆるものが好きみたいなので、ここからおもちゃを自分で作る事に興味を持つように導きたいと考えています。


自分で遊ぶおもちゃを自分で作るように息子を導くことは、日本語の自学学習に導くための計画の一環です。

Arduino サーボモータ 踏み切り Arduino サーボモータ 踏み切り

異国での子育てにおいて、もっとも気になるのが、言葉の問題です。

我が家は私も妻も日本人です。そのため、今はまだ息子の第一言語は日本語です。

しかし、幼稚園を含む周りは英語の環境なので、幼稚園などで本格的に友達ができ始めると英語優位になっていくものです。

私たちは、彼の母国語を日本語にしてあげたいのですが、日本語教育は完全に家庭に依存します。つまり、日本語教育、日本で言うところの国語は親の役割なのです。

おもちゃを自分で作ることに興味を持ってもらうことは、我が家の日本語教育においても重要な位置づけです。

日本語の説明書や資料、書籍に自然に慣れるように導くことで自分でたくさんの日本語に触れられるようになってもらいたいですね。

ちなみにArduino踏み切りは、
サンプルを組み合わせただけですから、ここでスケッチを公開するほどの代物ではありませんが、私のための備忘録も兼ねて別途記事にするつもりです。

部品はインド製の線香の箱と多少の厚紙、サーボモータ、LED、LED用抵抗、押しボタンスイッチ、プルアップ用抵抗です。

スイッチを押すと2個のLEDが交互に点滅しながら、ゆっくり遮断機が降りてきます。

もう一度押すと
遮断機が上がり、LEDの点滅が終わります。音はなりません。これだけのものですが、子供は喜ぶのです。

そして、それは息子が自分のおもちゃを自分で作ることに興味を持つか否か・・・私の計画の第一歩なのです。

でも、工作が面倒くさい人はこの仕掛け絵本がおすすめです。安い割に良く出来ていますよ。

posted by love4nature at 01:00| Comment(1) | TrackBack(0) | おもちゃ工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。