2011年11月29日

日本から送ってもらった海苔から放射線検出【動画】

アメリカからガイガーカウンターが届きました。

Inspector+というやつで、その筋では有名です。これ↓


このお店でも訳あって、もう一台購入しました。即納でした。
(もちろん我が家用ではありません)

クレジットカードを使いたい場合は同じお店で7000円プラスで買えます。


Inspector+は、初期設定は「mR/hr」で測定するようになっています。

これを「μSv/hr」に変更する設定を最初にします。
日本で買う場合は日本語のマニュアルがついてきている思いますが、一応やり方を書いておきます。


) 「+」を押しながら、電源スイッチを入れる。
) 「MENU」と表示される。
(3) 「+」を押して、数字を「2」に変更する。
(4) 「SET」を押す。
(5) 「−」を押して「mR/hr」から「μSv/hr」に変更する。
(6) 「SET」を押す。
(7) 電源スイッチを切る。
(8) 
再度電源投入以後「μSv/hr」で固定される。

測定方法は下記を参考に
http://p.booklog.jp/book/30823

で、日本から大量に送ってもらっている食料品を片っ端から測って見ました。

結果は、海苔からだけ明らかに放射線が出ていました。測定結果の動画



この数字をどう判断するかは、各個人が判断するものです。
判断材料として下記を参考
http://hp.vector.co.jp/authors/VA047235/radiation.html

ただ、意見が分かれている自然放射線と人工放射線の違いについては人類の科学が両者の違いを明確に判断できるだけの説得力を持っていないことから、私の判断はこの海苔を食べないという判断に至りました。

子供たちのために、皆さん自身のために今できること。
拡散希望


posted by love4nature at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

原発の危機と神風

今、命と人生をかけて被災地で作業をしているすべての方に心からありがとう。そして日本列島を守るように神風が吹き続けています。自衛隊や米軍、その他作業に従事している皆さんの努力のかいあって電源が復旧するまで後一歩のようです。

以下のサイトで神風が目に見えます。私たち人類はこの神風から何かを学ばなければならないような気がします。
http://www.spiegel.de/panorama/0,1518,bild-192707-751072,00.html
(放射性物質の広がりと濃度をシミュレーションしたものです)

自衛隊や米軍、その他作業に従事している皆さんが命と人生をかけて冷却作業、電源確保作業の間、本当に神風が吹いているように見えます。皆さん本当にありがとう。

東京の放射線量は安定しており、現在は連続で浴びても問題のないレベルです。各地の放射線量に対する報道は下記のサイトに書かれている内容を参考に各自制さしていただければと思います。

被曝放射線量と急性・慢性の障害
http://archive.mag2.com/0000048497/20110319023821000.html

最悪の事態も想定されている今回の事故ですが、冷却成功と電源確保に向けての動きで、事態の安定化に希望が見えてきた気がします。

余震や冷却システムに固着していると考えられる塩の問題があり油断できませんが、このまま、収束していくことを切に望みます。その後の復興には私たちも自分に出来ることをやりたいと思います。

危機管理として、下記の動画を紹介します。すべてを鵜呑みにすることはないと思いますが、「だいじょうぶ!」と報道されていることへの具体的な解釈の仕方の一例が紹介されています。昨日の記事「震災に対する心構え。自分と自分の大切な人の体は自分で守る」の考え方に通ずるものがあります。

ニュースの深層 3/17(木)放映『福島原発事故 メディア報道のあり方』広瀬隆
http://bit.ly/ec1Atz (1/3)
http://bit.ly/frbMZx
(2/3)
http://bit.ly/e6bpIj (3/3)

一応紹介しておきます。
広瀬隆氏『ニュースの深層 福島原発事故 メディア報道のあり方』での発言へのいくつかの修正(2011年3月17日放送)
http://getnews.jp/archives/105404

危機管理には定評のある方の「だいじょうぶ」という意見も紹介します。
http://www.snsi.jp/bbs/page/1
posted by love4nature at 18:53| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

震災に対する心構え。自分と自分の大切な人の体は自分で守る

日本政府と東電の隠蔽体質は、海外メディアも指摘する通りです。日本政府とは違い海外の政府は危機管理能力に直接関わる平和ボケが少ない分、対応が早い。

海外の政府機関などは15日の時点で既にスリーマイルとチェルノブイリの中間であるレベル6であると指摘していますが、我が国の政府は本日やっとレベル5に引き上げました。

以下、考えさせられるリンクを紹介します。

福島第一原発はレベル5 深刻度、スリーマイル並み(日本政府本日発表)
http://www.asahi.com/national/update/0318/TKY201103180407.html

福島原発事故はレベル6の可能性、スリーマイル島とチェルノブイリの中間=仏当局(14日、15日の発表)
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT886205620110315

日本政府は危機感欠如、不信といら立ち募らす米
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110318-OYT1T00344.htm

政府筋「東電が米支援は不要と」…判断遅れ批判
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110318-OYT1T00578.htm

在日米大使館、原発80キロ圏に退避勧告 自国民に
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110317/amr11031707090000-n1.htm

【さらに拡大】米軍は93キロ圏内の立ち入り禁止 パイロットにはヨウ素剤
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110317/amr11031710460006-n1.htm

本州の米軍家族が退避へ=乗客・貨物の放射能検査も実施
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&rel=j7&k=2011031800020

政府の発表や対応は有り難いことであるが、鵜呑みにせず自分で情報を精査しながら判断していくことも大切です。

アメリカの学者、東京に大規模な余震を警告
http://rocketnews24.com/?p=81146

セ強行は利益確保の思惑 天の声の鉄槌は避けられない
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20110318/bbl1103181540010-n1.htm

少なくない日本人がこの期に及んでもカネ、ケイザイ、シゴト。賛否ある難しい問題であるが、今だからこそ「大切なことは何か」再考すべきだと思う。

あらゆる事態を想定し、あらゆる情報を精査し行動すること。私の個人的な意見であるが、海外ではこれを「冷静」と呼んでいると思う。

「冷静」であることの意味を再考しなければならない。少なくない日本人が日常を維持しようと努力し続けることを冷静であると勘違いしているのではないだろうか。

災害対策は必要以上の準備をし、結果必要なければハッピーなことです。原発事故は、想定外などという言葉で証明されているとおり、必要以上の準備がなされていなかったことが原因の一つでしょう。その意味において、各国の対応は日本に比べて、迅速であると言えます。

必要以上の準備にはコストがかかります。島国ではない多くの諸外国は安全保障に対する考え方が違う。安全性に問題があるとされる浜岡原発(福島第一と同じ沸騰水型)はまだ稼働中です。

イスラエル、初の原発建設計画を停止
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110318-OYT1T00273.htm

独、旧型原発7基の一時停止発表 「安全性を優先」
http://s.nikkei.com/ferH5D

ドイツ、脱原発政策を再策定へ 3カ月後に結論
http://s.nikkei.com/fuvkhy

しかし、批判や反省よりも今は自分ができることを各自行う。その為にも、情報の鵜呑みではなく、あらゆる事態を想定した上での行動が必要だと思う。



震災関連リンク集


もし日本の原発を全部止めたら、私たちの生活にどんな影響があるか。専門的に説明されています。
http://blog.goo.ne.jp/daizusensei/e/4fdfb6bead84198c5ecbd05030cc142d
ちなみに過去の記事を見てもらえればわかるのですが、私は一貫して原発は徐々になくしていくべきだと考えています。

【地震対策】壁に穴をあけたりせずに家具を固定する方法
http://nanapi.jp/24831/

出歩く前に要チェック!!
各地の放射線測定値と風向き[東京都、関東、全国]
http://matome.naver.jp/odai/2130014613548736301

都内の環境放射線1時間ごとの測定結果【測定場所:東京都新宿区百人町】
http://113.35.73.180/report/report_table.do
地震発生前は、0.0300μGy/h〜0.0450μGy/hで推移していました。

【時系列】地震の発生場所(震源)やその規模(マグニチュード)の情報
http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_singen_index.html

現在の福島原発がおかれている状況の延長上に想定できる「最悪の事態」とは?
原発の格納容器を設計していた専門家など各分野の専門家の意見でとっても参考になります。
http://www.ustream.tv/recorded/13293716

福島第一原発の『最悪の事態』とは? 【OKWave】
http://okwave.jp/qa/q6588650.html

気象庁:東北地方南部の風向き
http://bit.ly/fdIovA

日本国内の原発の所在
http://bit.ly/hrI8UV
posted by love4nature at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

東北地方太平洋沖地震、海外からできること

いつもは技術系の検索が多いのですが「地震 海外からできること」の検索で前回の「日本の地震を海外から心配されている方へ」という記事に入ってくる方が多いので、私なりの出来ることをまとめてみました。

(1)物資を送るわけにはいきませんから、やはり一番は募金です。そして、こうして他者に募金を呼びかけることも出来ます。

http://special.goo.ne.jp/donation_earthquake/
我が家は上記のサイトから海外発行のクレジットカードで募金しましたが、皆さんはご自身の状況に合う方法をご選択ください。ただ、中には詐欺もあるようですからご注意ください。

(2)日本の家族や友人に電話

日本の家族などと連絡を取っているうちに気づいたのですが、人によって、地域によって情報格差がかなりあるようです。私は今は訳あって、ほとんど一日中ネットに張り付いていられるので、日本のネットラジオを聞きっぱなしです。時々ustreamにも目を通します。

日本で被災している人たちは、やらなければならないことがたくさんあるため、情報収集も非常時ですから不足しがちでしょう。逆に私の方が情報が早かったりします。

被災している方々は、いろいろな意味で余裕を失っていると思うので、こちらから調べごとをして教えてあげることが出来ます。そして、電話で話を聞いてあげるだけでも被災の直中にいる人にとって良い意味での気持ちの切り替えになることがあるようです。

(3)励ましや、メッセージ、役立つ情報の発信です。

海外に住む日本人も国内に住む日本人も国難を乗り越えるために出来ることを各自がやっていく。そして、多くの人々が自発的に既に何かをやっている。やろうとしている。

世界中の人々に感動を与える日本人の真摯な姿
http://bit.ly/euB92x

日本は絶対に大丈夫。心からそう思います。

関連リンク集
メルマガ「ビジネス知識源」で福島原発の状況を具体的な知識とともに解説しています
http://archive.mag2.com/0000048497/index.html

現在の福島原発がおかれている状況の延長上に想定できる「最悪の事態」とは?

原発の格納容器を設計していた専門家など各分野の専門家の意見でとっても参考になります。
http://www.ustream.tv/recorded/13293716




福島第一原発の『最悪の事態』とは? 【
OKWave

http://okwave.jp/qa/q6588650.html

気象庁:東北地方南部の風向き
http://bit.ly/fdIovA

日本国内の原発の所在
http://bit.ly/hrI8UV


posted by love4nature at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

日本の地震を海外から心配されている方へ

日本の地震を海外から心配されている方へ

まずは今回の地震で被災されている方々にお見舞い申し上げます。私も日本に家族がおりますので、ラジオとインターネットに釘付けになっております。

Google Earth がインストールされているパソコンで下記サイトからダウンロードできるkmzファイルをダブルクリックすることで現在進行中の地震状況を視覚的に確認できます。明らかに南下し東京周辺に向かっているように見えるため心配しています。
http://www.4shared.com/file/U8tv245j/eqs7day-age1.html
イメージ 1.jpg

地震発生当初ustreamを見て情報を得ていました。http://www.ustream.tv/  TBSのストリーミングでは10分で、送受信の転送量合計が35MBでした。

ニュージーランドのブロードバンド事情は未だ月間のデータ転送量に制限があり、この点が問題なのでラジオに切り替えました。

パソコンの場合は、下記のサイトにアクセスすることで、日本国外からリアルタイムラジオが聞けます。
http://www91.nhk.or.jp/r1live/
上記のNHKラジオでは、
10分で約3MBでした。これならつけっぱなしにしても気になるレベルではありません。24時間連続使用で432MBです。家は月間40GBの契約です。

外出時のラジオ視聴は、iphoneのアプリで Radio JP を使っています。こちらもustreamに比べて大幅に転送量を節約できます。3Gでも使用可能で録音まで出来ます。

日本への通話は、Skype Out の使用をお勧めします。なぜか通常のかけかたで通じなくてもSkype Out だと通じることがあります。実際に11日の夜に東京と通話がすんなり可能でした。日本の携帯とも可能でした。

私たちと同じく海外で日本の家族などを心配している方に役に立てばと思います。

東北地方太平洋沖地震、
海外からできることは?

関連リンク集
メルマガ「ビジネス知識源」で福島原発の状況を具体的な知識とともに解説しています。
http://archive.mag2.com/0000048497/index.html

現在の福島原発がおかれている状況の延長上に想定できる「最悪の事態」とは?
原発の格納容器を設計していた専門家など各分野の専門家の意見でとっても参考になります。
http://www.ustream.tv/recorded/13293716


福島第一原発の『最悪の事態』とは? 【
OKWave
http://okwave.jp/qa/q6588650.html

気象庁:東北地方南部の風向き
http://www.jma.go.jp/jp/amedas/205.html?elementCode=1

日本国内の原発の所在
http://www.jaif.or.jp/ja/nuclear_world/data/image/jp_npp-location.jpg

posted by love4nature at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

”次世代先進国”に向けて”ポスト成長期”に入った「日本」後編

日本に住んで日本のテレビを見ていると日本がどれだけ世界各国に比べて恵まれているかがわかりにくくなりますね。それは、日本の報道がネガティブ報道に偏っており、自虐的で売国的側面が強いことに他なりません。

日本国内の多くのマスコミは、偏向報道にやらせ・捏造とんでもない状態です。なぜか中国、韓国に媚びる姿がそこにあります。日本人の各国に対する認識不足の根源はマスコミ情報でしょう。
http://bit.ly/ejXlGb (Google Search)
http://amba.to/idbnLD (ブログ)

日本VS.韓国戦でテレビ朝日が捏造!? 横断幕を作った「ゆとり世代グループ」がマスコミに不快感
http://bit.ly/hYEGEk (ロケットニュース24)

「笑っていいとも」 好きな鍋料理、全世代でキムチ鍋が1位に
「不自然な放送」とネットで批判の声
http://bit.ly/g3tp63
 (POP UP)

一般的なイメージでは日本の治安は悪化していると感じていると思いますがイメージというのは大抵、外的な何かから植え付けられるものです。

日本の報道姿勢は、下記のようなポジティブなニュースは意図して大々的に伝えられないように見えます。一方で意図して伝えられないネガティブなニュースもあります。これについてはまた別の機会に

上半期の刑法犯、8年連続減=風俗犯除き、昨年下回る−警察庁
http://bit.ly/9uwBUJ (時事ドットコム)

ポジティブなインパクトのわりに報道が地味なニュースは他にもあります。
以前も紹介した記事です↓

生産能力10倍 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見
http://bit.ly/gLvqD5(朝日新聞)

日本が産油国になるという情報なのになぜかひっそり報道です。

アサヒもお得意の捏造かと思ったら、日経も違う文章で同様の内容を報道しています。

石油を作る藻類、生産効率10倍 筑波大が沖縄近海で発見
http://s.nikkei.com/ffH1Ks (日本経済新聞)

101016未来ビジョン『藻で日本が産油国になる?!注目のバイオ燃料!』1/2
http://bit.ly/fIrCpK (動画)
(番組のスポンサーについては少々気になるところですが。苦笑)

今回のニュースは、上記の動画で紹介されているボトリオコッカスという種類の藻よりさらに10〜12倍の生産効率を示すオーランチオキトリウムという有望株が見つかったということですね。10年以内に日本が産油国になれるというお話です。商業利用に向けて一気に加速したといえるのではないでしょうか。

本当にこの報道のとおりなら日本政府は直ちにこの研究に政府資金を投じ、国家を挙げて戦略的かつ長期的な運用を考えていくべきだと思います。他国との利害が衝突するトンデモナイ技術ですから、国家の力でこの研究を守り育てないとスパイ天国と揶揄される現在の日本では心配ですね。

そのためには日本国民がもっと、こうした技術について知る必要があると思います。出回っている情報では深さ1m、1辺の長さが20kmの正方形の池で培養すると1年分の日本の石油消費をカバーできるということですね。

日本には他にも明るい未来を想像できる有望な技術や話題がたくさん。

ものづくり国家として目覚しい発展を続ける中国や韓国ですが、基幹技術である素材部門では日本の優位性は確固たるものだそうです。でも・・・技術は有ってもそれを活かすビジネスは国家の予算配分と同様に下手糞みたいですね。

世界に勝てる!日本発の科学技術 (PHPサイエンス・ワールド新書)
http://amzn.to/gADglK【単行本】

図解 工場のしくみが面白いほどわかる本 [単行本(ソフトカバー)]
http://amzn.to/fQXSk4【単行本】

太陽光レーザーで海水から効率的にマグネシウムを取り出して燃料に
http://bit.ly/hzUD5 (WIRED VISION)

レアメタル回収、微生物で簡単に 森下仁丹など特許出願
http://bit.ly/agAFtj (朝日新聞)

日本の未来って明るくなる材料が結構あるのです。
まだまだ有りますよ♪

不要な海藻からオリゴ糖 富山大の中村教授ら分解菌を確認
http://bit.ly/go98gT (北國・富山新聞)

虫歯や歯周病とはこれでお別れ!? 歯科治療最新技術!
http://bit.ly/ie3Nd9 (R25)

宇宙太陽光発電、実証実験へ…電力を電波に変換
http://bit.ly/fAqvgZ (読売新聞)

研Q・探Q:炭素膜「グラフェン」大量生産−−大分大工学部・豊田教授
http://bit.ly/fcZ93O (毎日新聞)

特許登録数は日本企業が世界をリード - Thomson Reuters調査レポート
http://bit.ly/f5DgQU (マイコミジャーナル)

どうですか。お腹一杯ですか〜
まだまだマダ有りますよ♪♪♪

メタンハイドレートは、私も過去になんども触れています。有名ですね。
日本のエネルギー問題解決の鍵となるかもしれないと数年前から話題です。
http://bit.ly/gaoMKp
 (MSN産経ニュース

エネルギーといえば、日本の地熱発電は可能性にあふれています。
http://bit.ly/aRl7R1
 (AFPBB News

光と熱、どちらからでも発電…新素子を初開発
http://bit.ly/eDCWwz (読売新聞)

ブルーレイ100倍の記録可能に 光で色変わる分子開発
http://bit.ly/f1Q5sM (朝日新聞)

体外培養で世界初、歯の再生に成功
http://bit.ly/fkU9gq (新潟日報)

ホントに海水からウランが取れた
http://bit.ly/fsR2RR (日経ビジネスオンライン)

これが中国に依存しないモーターだ
http://bit.ly/ce2kkg (日経ビジネスオンライン)

そして、日本国民は医療面でもこんなに恵まれている。

「公的医療保険はあてにならない」の嘘!
使わないと大損する健康保険の裏ワザ
http://bit.ly/gFrwEY(ダイヤモンド・オンライン)

これじゃ〜民間保険会社の掛け捨て保険なんて・・・ですね。

そして、最近流行りのこんな事件
「伊達直人」からついに金塊!116万円相当
http://bit.ly/eB9ybF (スポーツ報知)

成長するばかりが人生ではないと気づいた日本
http://bit.ly/gwp7Rg (FT翻訳gooニュース)

私は2005年3月に国家のあり方として、Win-Winが社会の基本になる新しい国家、次世代先進国に日本が最初になるのではないかという抽象的な記事を書きました。

日本とニュージーランドを比較して日本が恵まれている点を紹介し、日本の未来を考える内容でした。これ

上記、FT翻訳gooニュースで紹介されている文芸評論家の加藤典洋教授の「ポスト成長期」が、2005年当時の私の表現力の不足を補っているように感じました。

加藤氏が述べる「深遠で大事な価値観」「日本は世界2位でなくてもいい。5位でなくても15位でなくてもいい。もっと大事なことに目を向ける時だ」

私の解釈は、他者との競争よりも個人としての成長に重きをおく価値観。その結果生ずる、万人が他人にやさしくなれる社会。個々人が身の丈にあった己の成長に集中しやすい社会。

私はこのような社会を実現した国家を次世代先進国として再定義したいと思います。人類は今、きっと、こんな未来に向かっているのだろうと考えています。日本が世界で一番最初に実現できるのではないかと本気で考えています。

既得権を死守したい勢力の必死の抵抗・工作は間違いなくありますが産みの苦しみを経験し、必ず夜明けを迎えると信じています。
posted by love4nature at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

”次世代先進国”に向けて”ポスト成長期”に入った「日本」前編

2005年3月に書いた文章に修正・加筆したものです。

外国人が羨むモノが日本にはたくさんあることに私たち日本人は、意外と気が付いていないのかもしれません。ニュージーランドと日本を比較した際に多くの日本人がニュージーランドは自然が豊だと言います。しかし、私は生まれてから小学生までの時期を日本の海と山ばかりのド田舎で過ごしましたのでニュージーランドが特別自然豊な国だとは思っておりません。

ニュージーランドは、面積の24%が森林、52%は放牧地や荒地、5%が植林地、他の利用が19%です。一方、日本は、66%が森林、14%が農用地、他の利用が20%です。他の利用には、市街地、住宅地、道路、河川、湖面等が含まれます。

両国の特徴を大まかに比較すると、どちらも農業に適した国土と気候を持っており、日本は世界5位の農業国であると同時に総人口と工業の発達が突出しております。1人あたりの面積では、ニュージーランドは日本の約24倍にもなります。それだけ、国内のマーケットが大きいということです。

ここからは、希望的観測も含めて未来の日本を想像しながら書きたいと思います。考えがまとまっておらず、思いつきで書きますので、読みにくいと思いますがご容赦ください。

インターネットの急激な普及や各種流行事などのように日本人は、何か先にくるものがくっきり見えると良い意味でも悪い意味でも凄い力を発揮する民族なのかもしれません。そのため、いつでも流行事には行き過ぎを伴っています。ある意味まとまり易い・・・別の意味ではコントロールされやすいのかもしれません。

何か先にくるものをくっきり見せる役割を果たすのがその時代のカリスマ的リーダーといったところでしょうか? しかし、リーダーの登場を期待しても都合よく現れるはずがありません。このリーダーの役割を果たす事が出来るものの代表は、現代ではマスメディアなのかもしれない。

日本のメディアは、どれをとっても事象に対する切口が類似しています。テレビは、どの局も同じことを同時期に特集し、くだらないことに時間を割き詳しすぎる解説をし、見る人の思考力を奪っているかのようです。

物事は、すべて多面性を持っているはずです。同じ数字や文章を読んでも人の認識は異なるはずなので新聞や雑誌を飾る記事も多面性があって当然だと考えますが大手メディアの論調はいつも一様です。

どの新聞を見ても同じようなことが事がかかれているので、多くの人は新聞に書いていることが正しいという認識になるのかもしれません。大手メディアの論調が複数に分かれていたら、読者はどの情報が正しいのかを考えなければなりません。

しかし、その必要が無かったため思考停止に陥りがちです。というよりは、日本人は忙しすぎて、自分以外のことマクロな視点で物事を考える時間が無いのかもしれない。

私も日本でサラリーマンをしていた頃はそうでした。ところが、インターネットの存在と普及は、こうした状況を変えようとしているように思えます。インターネット上に急激に増えているのが、個人の発言場所「ブログ」です。特に有名なのは、90年代以降にできた新しい会社の経営者や有名人、有識者、そして多くの一個人が個人的な発言の場所として使っております。

中には不正に対する暴露など過激なものも含みますが、これらの普及は、大手メディアを飲み込む可能性を秘めているのではないかと思います。既に私は、新聞を各種統計データーなどを参照するためにだけ使っており、記事をあまり読んでおりません。とりあえず読みますが、鵜呑みにしないということです。(笑)

理由は、いつも大手メディアは現状批判を大げさにダラダラ書いているだけで問題解決の方法を示していません。しかし、たくさんの個人が鋭い現状批判や問題提起と同時に彼らなりの解決方法をブログやメルマガで示しています。また、ブログの発行者を中心としたコミュニーティーや発行者同士のコミュニーティーが企業や世代を超えて活発化しています。

先進国として日本は最初に社会構造が変わろうとしているように見えます。インターネットがもたらす未来の日本は、Win-Winの社会だと考えています。現在の日本の国家と国民の関係は、明らかにWin-Loseの関係です。一方、企業と顧客の関係や企業と企業の関係では、Win-Winを意識させるものが増えているように思えます。

ニュージーランドの現状も国家と国民の関係は、所得格差や高額な税金、税金の使途に対する不満、年金の受け取り不安、医療に対する不信などを見れば、Win-Loseだと思います。多くの企業と顧客、企業と企業の関係もWin-Loseが目立ちます。

日本の大手メディアが増税についての記事を書いているときによくニュージーランドの消費税12.5%(現在は15%)などと比較しているのを見ますが、日本国民は政府の増税を絶対に許すべきではないと個人的に考えています。

もし、許してしまうとWin-Winの社会構造が出来上がるまで更に時間がかかってしまいそうな気がします。結果、問題解決の先延ばしになると思います。また、増税の前にすべき事がなされていないと感じます。

私は、そう遠くない未来に日本が最初に次世代先進国に向けての本当の第一歩を踏み出すのではないかと考えています。



posted by love4nature at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

外交は宗教トラブル解決のようなもの。 反日国との外交は理想と信念と理解と主張で解決へ(4)一神教的思想編

(3)のつづき

一神教的思想は、他者から自由を奪って自らの平穏を手に入れる。自らの平穏を善とし、それをより強固にするためには他者の善を悪として踏みにじってきたのが人類の歴史です。善悪の区別というのは高い次元には存在しないのでしょうが、私たちは高い次元とやらには住んではいないようですし、現実的には善悪は人に好き嫌いの区別があるように存在します。

捕鯨問題などは典型的ですね。私はどちらでもいいのですが、捕鯨反対を叫ぶ彼らだって昔は鯨油を取るためや髭を加工するために捕鯨をしていた事実はありますし、捕鯨国は日本だけではありませんが、日本だけを標的にしていますね。不思議です。

私は捕鯨問題は外交カードのひとつだと思っています。私は鯨を食べないし、食べたいとも思わない。私にとって捕鯨は善でも悪でもありません。ただ、他者に押し付ける行為を悪だと考えています。

自らが(自分の利益のために)信じるものを他者に押し付ける行為は宗教問題に通ずると思います。まさに外交がそれです。尖閣問題、竹島、戦後賠償問題・・・

宗教紳士とのやりとりで、中国や韓国、北朝鮮といった反日国家と日本のやりとりを連想しました。あと、民主党議員の各地で話題の振る舞いや国会答弁も連想しました。笑

民主・中井洽氏、秋篠宮ご夫妻に「早く座れよ」と暴言…本人は釈明
http://bit.ly/hnK43M
↑相手が誰であろうとこの行為は大人として許されませんし、子供たちの見本になりえません。議員辞職に値します。

「バラマキだ」と中学生、蓮舫大臣たじたじ
http://bit.ly/eaiCYX
↑情けない大人たちの姿がこの子達の目にはどう映っているのか・・・
こんな子供たちがいるのだから日本は大丈夫です。

つづく





posted by love4nature at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

外交は宗教トラブル解決のようなもの。反日国との外交は理想と信念と理解と主張で解決へ(3)意識変革編

(2)のつづき

彼らの教えは善と悪を彼らの教えにしたがって完全に二分化し、悪を消去することで得られる世界を平和と呼ぶようです。戦争などによるルールの押し付けは彼らにとっては悪を倒すための善ということなのでしょう。

結局のところ、宗教と言うのは善悪の定義を行う洗脳なのだと思います。洗脳や情報統制というのは、力を持つ少数派がその他大勢をコントロールするための道具です。

宗教やマスコミ、学校教育を使ってそうしたコントロールは日常茶飯事に行われており前回のメルマガにも記したとおり日本も例外ではありません。私と同じ疑問を持った人がたくさんいました。
http://bit.ly/ejXlGb

K-POP人気は、嘘。  【政権交代!ネットデモ】
http://amba.to/idbnLD
↑韓流ブームは捏造です

テレビは知識をもって注意してみないと思考を誘導されます。日本の未来のためを考えると、多くの国民が特にワイドショーやニュース番組、政治ショー、ただ笑わせるだけのバラエティー番組も見ないようにしたほうがいいでしょう。貴重な人生の時間の無駄です。知識や教養を広げるきっかけを与えてくれる番組も少なからずあると思います。そうしたものは、番組表で選別して録画すればいいと思います。テレビは、録画でしか見ないように徹底するのもいいと思います。

こんな事をいうと、そんな生活面白くないという人もいると思いますが、テレビがないと笑えない生活なんて、自分で考えて行動する力を与えられている人間としての貴重な時間をただ垂れ流していることに気がつけないという哀れさを感じます。まぁ私も20代はテレビっ子でしたが。苦笑  最近は20代のテレビ離れがすすんでいるそうで、いいことだと思います。

「日本はテレビを見なければいい国」です。心底そう思っています。嘘だと思う方はテレビのアンテナ線を外して1ヶ月間すごしてみてください。外すのではなく切ってしまってください。戻すのに多少の労力を必要とする方が継続を助けます。今までテレビに使っていた時間で、新しい自分の可能性に気がつけるかもしれません。

新聞も見ないほうが効果的です。ネットのニュースに触れるときは、日本の報道はネガティブ報道に意図的に偏っていることを念頭において見出しだけを見るのがいいかもしれません。

報道されることは少ないのですが、実は日本の犯罪件数は2002年を最後に減り続けているのです。2002年に年間285万件だったものが、2009年には170万件にまで減少しています。この期間に一度も前年を上回ったことがありません。殺人事件については2009年に戦後最低になっています。
http://bit.ly/9uwBUJ

情報に対する姿勢を受身から少し変化させるだけで、自然に今までに気がつかなかった他の事に遅かれ早かれ目が移ります。

読書が増えるかも知れません。スポーツをはじめようと思うかもしれません。人間関係が変わるかもしれません。テレビに向かっていた時間とエネルギーは、いずれ他に向かうと思います。テレビを生活から排除することで受動思考から能動思考に軸足が写っていくのを感じるかもしれません。

今年でテレビを見納めにすると新しい発見があるかもです。笑

家には既にテレビはありません。正確にはあるのですが、アンテナはもちろんつながっていません。必要な情報はネットで手に入ります。動画コンテンツもネットで公開されています。

テレビという機械は、息子のトーマスパソコン専用画面です。笑


つづく




posted by love4nature at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

外交は宗教トラブル解決のようなもの。 反日国との外交は理想と信念と理解と主張で解決へ(2)宗教紳士・後編

(1)のつづき

私が質問するたびに聖書をめくる彼に「聖書にかかれていることが本当に神の言葉かを誰も証明できないのでは?」「神が、救う人間と捨てる人間をそのような形で選り好みするのか?」「聖書は人間の言葉で人間が書いたものでは?」「神の政府が本当に神なのか誰が証明できるのか?」

「神の言うことを聞いているだけで地球環境や人類が救われるのなら人類には他者とわかりあう努力、環境を浄化しようとする努力は必要ないのでは?」「聖書や宗教とは、時の権力者たちが権力の維持と拡大のために使ってきた道具なのでは?」などと問うと彼はさらに聖書を取り出し「君は聖書を読んだことはあるかと」聞いてきました。

もちろん聖書なんて信じていないし、研究家でもない。興味がないので、全部を読んだことはありません。しかし、預言書の性質を持ち、中には単なる創作だと軽視できない事実があることを知識として知っています。

宗教と権力は人類の歴史上深く結びついているので、世界の権力者の中に彼らの経典に書かれている内容をこの世で実現させようとする勢力がいても不思議ではありません。権力者が多数派を煽動するためには自作自演は効果的です。預言書に書いているとおり実行すれば予言は実現しますね。

彼は、ウェブサイトとわかりやすい説明があるので読んでみてくれと言い小冊子を置いていきました。結局、私の質問はスルーすることで、最後まで彼は聖書に書いていることがすべてであると言う前提を崩しはしませんでした。彼には悪気はないと思います。

聖書という本に書かれていることが、彼らにとってはすべてなのでしょう。その本に答えが載っていない問題は最初から問題として扱われません。そして「聖書を読んで欲しい」と言います。洗脳とは本当にスゴイと実感しました。誤解を生まないように書きますが、一連の彼との会話は、談笑といえるような雰囲気でした。

私は人としてこの宗教紳士を嫌いにはなれませんし、彼そのものに興味を持ちました。私にとって彼は善でも悪でもありません。興味深い人です。

彼が置いていった小冊子の内容は人類が抱える問題を指摘していますが、巧妙に書かれています。結局、信じるものは救われ、信じないものは見捨てられるという結論でした。彼の英語はとても聞き取りやすく、私が移民であることを尊重もしてくれました。人種は関係なく「彼が信じる神」を信じるものは救われるそうです。

話を終え妻のところに行くと・・・妻「誰?」、私「宗教の人」・・・・
妻「やめなよぉ〜」

・・・笑  つづく

posted by love4nature at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。