2010年12月18日

外交は宗教トラブル解決のようなもの。反日国との外交は理想と信念と理解と主張で解決へ(3)意識変革編

(2)のつづき

彼らの教えは善と悪を彼らの教えにしたがって完全に二分化し、悪を消去することで得られる世界を平和と呼ぶようです。戦争などによるルールの押し付けは彼らにとっては悪を倒すための善ということなのでしょう。

結局のところ、宗教と言うのは善悪の定義を行う洗脳なのだと思います。洗脳や情報統制というのは、力を持つ少数派がその他大勢をコントロールするための道具です。

宗教やマスコミ、学校教育を使ってそうしたコントロールは日常茶飯事に行われており前回のメルマガにも記したとおり日本も例外ではありません。私と同じ疑問を持った人がたくさんいました。
http://bit.ly/ejXlGb

K-POP人気は、嘘。  【政権交代!ネットデモ】
http://amba.to/idbnLD
↑韓流ブームは捏造です

テレビは知識をもって注意してみないと思考を誘導されます。日本の未来のためを考えると、多くの国民が特にワイドショーやニュース番組、政治ショー、ただ笑わせるだけのバラエティー番組も見ないようにしたほうがいいでしょう。貴重な人生の時間の無駄です。知識や教養を広げるきっかけを与えてくれる番組も少なからずあると思います。そうしたものは、番組表で選別して録画すればいいと思います。テレビは、録画でしか見ないように徹底するのもいいと思います。

こんな事をいうと、そんな生活面白くないという人もいると思いますが、テレビがないと笑えない生活なんて、自分で考えて行動する力を与えられている人間としての貴重な時間をただ垂れ流していることに気がつけないという哀れさを感じます。まぁ私も20代はテレビっ子でしたが。苦笑  最近は20代のテレビ離れがすすんでいるそうで、いいことだと思います。

「日本はテレビを見なければいい国」です。心底そう思っています。嘘だと思う方はテレビのアンテナ線を外して1ヶ月間すごしてみてください。外すのではなく切ってしまってください。戻すのに多少の労力を必要とする方が継続を助けます。今までテレビに使っていた時間で、新しい自分の可能性に気がつけるかもしれません。

新聞も見ないほうが効果的です。ネットのニュースに触れるときは、日本の報道はネガティブ報道に意図的に偏っていることを念頭において見出しだけを見るのがいいかもしれません。

報道されることは少ないのですが、実は日本の犯罪件数は2002年を最後に減り続けているのです。2002年に年間285万件だったものが、2009年には170万件にまで減少しています。この期間に一度も前年を上回ったことがありません。殺人事件については2009年に戦後最低になっています。
http://bit.ly/9uwBUJ

情報に対する姿勢を受身から少し変化させるだけで、自然に今までに気がつかなかった他の事に遅かれ早かれ目が移ります。

読書が増えるかも知れません。スポーツをはじめようと思うかもしれません。人間関係が変わるかもしれません。テレビに向かっていた時間とエネルギーは、いずれ他に向かうと思います。テレビを生活から排除することで受動思考から能動思考に軸足が写っていくのを感じるかもしれません。

今年でテレビを見納めにすると新しい発見があるかもです。笑

家には既にテレビはありません。正確にはあるのですが、アンテナはもちろんつながっていません。必要な情報はネットで手に入ります。動画コンテンツもネットで公開されています。

テレビという機械は、息子のトーマスパソコン専用画面です。笑


つづく




posted by love4nature at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。