2010年12月16日

世界のパワーバランスを一気に変えてしまうトンデモナイ報道



日本が産油国になるという情報なのになぜかひっそり報道

生産能力10倍 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見
http://bit.ly/gLvqD5(朝日新聞)

アサヒってるのかと思ったら、日経も違う文章で同様の内容を報道

石油を作る藻類、生産効率10倍 筑波大が沖縄近海で発見
http://s.nikkei.com/ffH1Ks(日本経済新聞)

2010/12/14 21:07
ニュースソース
日本経済新聞 電子版

 これまで見つかっているものより10倍以上も高い効率で石油とほぼ同じ成分の油を作り出せる藻類を、筑波大の渡辺信教授らが発見した。大規模に育てて油をとれば、1リットルあたり50円程度で安価に石油の代替燃料を生産できる見通しという。量産法や最適な抽出法などの開発が必要なため、本格的な商業生産には10年程度かかるとみている。

 新しい藻類は「オーランチオキトリウム」。沖縄地方の海で発見した。従来から研究している藻類と比べ、一定の個体数から得られる油の量は少ない。しかし繁殖速度が極めて速いため、同じ広さの空間で同期間育てた時の油の生産量は12倍に達することを確認した。

 海などにすみ石油と似た成分を作り出す藻類はこれまでも知られ、トウモロコシからバイオエタノールなどを作るよりも生産効率が10倍以上高い。油の回収や処理を含む生産コストは1リットルあたり800円程度かかるのが難点だったが、今回の藻類なら10分の1以下に下げられるという。

 渡辺教授は「これほど効率よく石油と似た油を作る藻類は世界でも例がない」としている。

これらのニュースは2010年4月に産経が報じた下記のニュースの続報です。
http://bit.ly/c3MEsK

さらに遡ること1年。
2010年4月の日経エコロジーの記事は技術的に詳しい
技術事始/藻類から作るバイオ燃料
http://bit.ly/cjYCD6

当時はコストが問題ということでしたが、その後の研究で今回は、効率が10〜12倍になったとの報道です。コスト問題はクリアされたようです。

本当にこの報道のとおりなら、日本政府は直ちにこの研究に政府資金を投じ、国家を挙げて戦略的かつ長期的な運用を考えていくべきだと思います。

他国との利害が衝突するトンデモナイ技術ですから、国家の力でこの研究を守り育てないと。

そのためには日本国民がもっとこの技術について知る必要があると思う。

<続報>
ギズモードでも紹介されましたね。
http://bit.ly/e998ji

深さ1m、1辺の長さが20kmの正方形の池で培養すると1年分の日本の石油消費をカバーできるということですね。本当にすごい。産油国日本誕生。渡邉信教授らを守るためにも日本政府は公式に補助金を捻出し国をあげて実用化を急ぐのが良いかと思う。


日本には他にも明るい未来を想像できる有望な技術が・・・

太陽光レーザーで海水から効率的にマグネシウムを取り出して燃料に
http://bit.ly/hzUD5

レアメタル回収、微生物で簡単に 森下仁丹など特許出願
http://bit.ly/agAFtj

な〜んだ、日本の未来って明るくなる材料が結構あるようですね。
材料を活かすも殺すも日本人一人ひとりの想いと行動にかかっているのかも

自分にできることを真っ直ぐやっていけば道は開ける。きっと。

posted by love4nature at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。