2010年01月14日

年始のカイコウラ旅行

年末年始の連休を利用して、カイコウラに2泊3日の小旅行しました。

私と妻、息子と妻のお腹の中の胎児の4人で海に行って貝をとったり釣りをしたりが目的です。

一応、表向きの目的はパウア貝をとることですが、ウェットスーツ無しでは、たいした成果は望めないのですが成果はありました。

本当の目的は、旅行そのものを楽しくことはもちろんですが、息子に海から生命をとらせてもらい、それを食べるという経験や海の生き物との触れ合いを持たせるためでした。

パウア貝(あわび)パウア貝は、こんな感じでたくさんいます。見えますかねぇ〜

左の写真には、5匹以上います。

ところがこれ、ぜん〜ぶ小さ過ぎて取れないのです。物理的に取れないのではなく、法的に取れません。

ニュージーランドでは、
一般人によるパウア貝の捕獲が条件付で許されています。日本は禁止していましたね。

パウア貝の捕獲ルール条件というのは右側の写真。貝殻の一番長い部分を測って12.5cm以上なければとっちゃだめ。コーストパトロールが結構まめに見回りしています。

ニュージーランドの海には2種類のパウア貝があり、通常パウア貝といえばこんなやつです。

パウア貝 パウア貝

左が表、右は裏です。日本のあわびと違って、色は美しくありません。この
パウア貝。実は私がとったのではなく隣でウェットスーツを着てとっていた人にもらったのでした。

多分、私の(海をなめた)格好を見て取れていないことを確信してくれたのでしょう。(笑)

2種類のうちのもう1種類は、yellowfoot Pauaといい。名のとおり
上記写真の裏の部分が黄色いやつです。この種類は、8cm以上で捕獲OKです。

実は私、
yellowfoot Pauaが8cm以上でOKなのを知らなかったため今回1匹見逃してしまったのです。

パウア貝はとれなかったけど、スガイは軽く5cmを上回るものがたくさんとれました。で結局頂きモノと収穫物はこちら。

スガイとパウア貝

現地人は、このような巻貝を食べないため大きく成長してたくさんいます。直径10cmを軽く越える巻貝もたまに見かけます。もちろんそれは気持ち悪いので、とって食べたりしません。

こんな感じの小旅行でしたが、下記写真のとおり本当の目的は達成したので最高の旅行となりました。

息子に捕獲された蟹
息子に捕獲された蟹

CIMG4168.JPG
釣り竿を持っている息子

野生のアザラシと息子
自分の数倍の大きなアザラシに不安を隠せない息子
posted by love4nature at 01:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
、例えば日の動力は機能表、三つの地方のタイムテーブルを貯蓄して、航海の家族性発現のリストのアシは全て勤勉な病気は作品を表して、“良い名声を獲得して1つの堅忍不抜な長期の過程でなければならなくて、はそれを落としてところがたやすくできました”,スーパーコピー時計のブランドの創始者のひと言、しかしそれはこの時計工場に引率して120年余りの発展の歴史に歩いたことがあって、世界の高級になるブランドの中で少ない始終継承一族の表を作成する伝統メーカーの中の一つ。
1875年、2位は才気の年月の表を作成する師とコピー時計を満たして双方間の緊密な協力を始めて、そして1881年12月に17は言ってスイスで正式にスーパーコピー時計会社を創立して、この表を作成する師はアイデアの日と非常に優れている企業の目を高く備えます。
Posted by スーパーコピー時計 at 2013年10月30日 11:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。