前の記事 TOP 次の記事

2009年11月27日

avrdude: stk500_getsync(): not in sync: resp=0x00

最近、ハマっている8bitワンボードマイコン「arduino Duemilanoveですが、プログラム書き込みの際にタイトルのようなエラーが出新規書き込みができなくなってしまった。正確には下記のエラー

avrdude: stk500_getsync(): not in sync: resp=0x00
avrdude: stk500_disable(): protocol error, expect=0x14, resp=0x51

既に書き込んでいるプログラムは動いているので、壊れたわけではなさそう。あくまで新規書き込みができない。

日本語、英語ともにいろいろとググッては見た。同じ問題で困っている人がたくさんいるようだが、決定的な解決方法が見当たらない。

しかし、イーサネットシールドを取り付けると直ってしまった。

ネット上で見つかった解決方法はこんな感じ・・・ATMEGA328のチップを外すと直るとか、しばらく使わずにおいておくと直っていたとか、IDEの再起動で直ったとか、シリアルポートのドライバを再インストールで直ったとかありました。

ちなみにどれを試しても直らなかった。試してないけど
ATMEGA328のブートローダー再書き込みで直ったという報告もありました。

今回のケースで、もちろんマイコンボードの選択ミスはあり得ない。何だったのだろうと思っていたら、状況再発。

イーサネットシールドを取り外した後、また同様のエラーが止まらない。いろいろやってみたが、十分に調べる前にまた直ってしまった。今度は、イーサネットシールドなしでも復旧。何をやったか一応メモしておく。

「arduino Duemilanove」のリセットボタンを押しながら、USBケーブルを抜いて、さらに押しながら再度挿入。

リセットボタンは、かなり長く押すのがコツ。10秒とか

とりあえず今回はこれで直った。う〜ん・・・結局わからん。

これだけは言える。とにかく直った。
今はそれだけでいいのだ。

追記、上記のとおり一度直った後、かなり時間を空けて、別の基板で再発、やはり
リセットボタンを押しながら、USBケーブルを抜いて、さらに押しながら再度挿入で普及しました。

2010年2月現在。私の場合。やはり、この方法で直っています。

電気的な問題っぽいですね。ところで、皆さんこの方法で直ってますか?


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。


posted by love4nature at 23:00 | 趣味の部屋

前の記事 TOP 次の記事

記事 検索.jp WEB検索



Powered by Seesaa