2009年11月25日

大人の趣味と子育ての両立

2歳10ヶ月の息子は私の古い趣味である「電子工作」に強い興味があるようです。マイコンボード(arduino)にサーボモーターやセンサーなどをつなげて作った実験機に大変興味を持って遊んでいます。

そして彼を観察していると、それで遊ぶことはもちろんですが、私がそれを作っている過程をとても楽しそうに見ながら邪魔をするわけです。(笑)

そう、彼は参加したいのです。ここで親は「邪魔するな」などと怒ってはいけません。怒ると彼の自立の邪魔をしてしまう。怒らずに説明します。

聞いているかどうかはお構いなしにひたすら説明しちゃいます。この場合は「もう少し待ってくれれば面白いことができると・・・」

息子とarduino

そして、最近息子に言った言葉はこれです。

「うちはもうおもちゃを買いません。その代わりに自分たちでおもちゃを作るために必要な材料や工具、測定機材は高くても買います。」


マイコンボードを使って作るおもちゃ教育作戦・・・

うまく導ければ子供に電気回路、電子回路、プログラミング、パソコン、そして数学の自立学習に導けるかもしれません。

もちろん親によるサポートは必須ですが・・
posted by love4nature at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。