2011年03月19日

原発の危機と神風

今、命と人生をかけて被災地で作業をしているすべての方に心からありがとう。そして日本列島を守るように神風が吹き続けています。自衛隊や米軍、その他作業に従事している皆さんの努力のかいあって電源が復旧するまで後一歩のようです。

以下のサイトで神風が目に見えます。私たち人類はこの神風から何かを学ばなければならないような気がします。
http://www.spiegel.de/panorama/0,1518,bild-192707-751072,00.html
(放射性物質の広がりと濃度をシミュレーションしたものです)

自衛隊や米軍、その他作業に従事している皆さんが命と人生をかけて冷却作業、電源確保作業の間、本当に神風が吹いているように見えます。皆さん本当にありがとう。

東京の放射線量は安定しており、現在は連続で浴びても問題のないレベルです。各地の放射線量に対する報道は下記のサイトに書かれている内容を参考に各自制さしていただければと思います。

被曝放射線量と急性・慢性の障害
http://archive.mag2.com/0000048497/20110319023821000.html

最悪の事態も想定されている今回の事故ですが、冷却成功と電源確保に向けての動きで、事態の安定化に希望が見えてきた気がします。

余震や冷却システムに固着していると考えられる塩の問題があり油断できませんが、このまま、収束していくことを切に望みます。その後の復興には私たちも自分に出来ることをやりたいと思います。

危機管理として、下記の動画を紹介します。すべてを鵜呑みにすることはないと思いますが、「だいじょうぶ!」と報道されていることへの具体的な解釈の仕方の一例が紹介されています。昨日の記事「震災に対する心構え。自分と自分の大切な人の体は自分で守る」の考え方に通ずるものがあります。

ニュースの深層 3/17(木)放映『福島原発事故 メディア報道のあり方』広瀬隆
http://bit.ly/ec1Atz (1/3)
http://bit.ly/frbMZx
(2/3)
http://bit.ly/e6bpIj (3/3)

一応紹介しておきます。
広瀬隆氏『ニュースの深層 福島原発事故 メディア報道のあり方』での発言へのいくつかの修正(2011年3月17日放送)
http://getnews.jp/archives/105404

危機管理には定評のある方の「だいじょうぶ」という意見も紹介します。
http://www.snsi.jp/bbs/page/1
posted by love4nature at 18:53| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

震災に対する心構え。自分と自分の大切な人の体は自分で守る

日本政府と東電の隠蔽体質は、海外メディアも指摘する通りです。日本政府とは違い海外の政府は危機管理能力に直接関わる平和ボケが少ない分、対応が早い。

海外の政府機関などは15日の時点で既にスリーマイルとチェルノブイリの中間であるレベル6であると指摘していますが、我が国の政府は本日やっとレベル5に引き上げました。

以下、考えさせられるリンクを紹介します。

福島第一原発はレベル5 深刻度、スリーマイル並み(日本政府本日発表)
http://www.asahi.com/national/update/0318/TKY201103180407.html

福島原発事故はレベル6の可能性、スリーマイル島とチェルノブイリの中間=仏当局(14日、15日の発表)
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT886205620110315

日本政府は危機感欠如、不信といら立ち募らす米
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110318-OYT1T00344.htm

政府筋「東電が米支援は不要と」…判断遅れ批判
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110318-OYT1T00578.htm

在日米大使館、原発80キロ圏に退避勧告 自国民に
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110317/amr11031707090000-n1.htm

【さらに拡大】米軍は93キロ圏内の立ち入り禁止 パイロットにはヨウ素剤
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110317/amr11031710460006-n1.htm

本州の米軍家族が退避へ=乗客・貨物の放射能検査も実施
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&rel=j7&k=2011031800020

政府の発表や対応は有り難いことであるが、鵜呑みにせず自分で情報を精査しながら判断していくことも大切です。

アメリカの学者、東京に大規模な余震を警告
http://rocketnews24.com/?p=81146

セ強行は利益確保の思惑 天の声の鉄槌は避けられない
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20110318/bbl1103181540010-n1.htm

少なくない日本人がこの期に及んでもカネ、ケイザイ、シゴト。賛否ある難しい問題であるが、今だからこそ「大切なことは何か」再考すべきだと思う。

あらゆる事態を想定し、あらゆる情報を精査し行動すること。私の個人的な意見であるが、海外ではこれを「冷静」と呼んでいると思う。

「冷静」であることの意味を再考しなければならない。少なくない日本人が日常を維持しようと努力し続けることを冷静であると勘違いしているのではないだろうか。

災害対策は必要以上の準備をし、結果必要なければハッピーなことです。原発事故は、想定外などという言葉で証明されているとおり、必要以上の準備がなされていなかったことが原因の一つでしょう。その意味において、各国の対応は日本に比べて、迅速であると言えます。

必要以上の準備にはコストがかかります。島国ではない多くの諸外国は安全保障に対する考え方が違う。安全性に問題があるとされる浜岡原発(福島第一と同じ沸騰水型)はまだ稼働中です。

イスラエル、初の原発建設計画を停止
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110318-OYT1T00273.htm

独、旧型原発7基の一時停止発表 「安全性を優先」
http://s.nikkei.com/ferH5D

ドイツ、脱原発政策を再策定へ 3カ月後に結論
http://s.nikkei.com/fuvkhy

しかし、批判や反省よりも今は自分ができることを各自行う。その為にも、情報の鵜呑みではなく、あらゆる事態を想定した上での行動が必要だと思う。



震災関連リンク集


もし日本の原発を全部止めたら、私たちの生活にどんな影響があるか。専門的に説明されています。
http://blog.goo.ne.jp/daizusensei/e/4fdfb6bead84198c5ecbd05030cc142d
ちなみに過去の記事を見てもらえればわかるのですが、私は一貫して原発は徐々になくしていくべきだと考えています。

【地震対策】壁に穴をあけたりせずに家具を固定する方法
http://nanapi.jp/24831/

出歩く前に要チェック!!
各地の放射線測定値と風向き[東京都、関東、全国]
http://matome.naver.jp/odai/2130014613548736301

都内の環境放射線1時間ごとの測定結果【測定場所:東京都新宿区百人町】
http://113.35.73.180/report/report_table.do
地震発生前は、0.0300μGy/h〜0.0450μGy/hで推移していました。

【時系列】地震の発生場所(震源)やその規模(マグニチュード)の情報
http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_singen_index.html

現在の福島原発がおかれている状況の延長上に想定できる「最悪の事態」とは?
原発の格納容器を設計していた専門家など各分野の専門家の意見でとっても参考になります。
http://www.ustream.tv/recorded/13293716

福島第一原発の『最悪の事態』とは? 【OKWave】
http://okwave.jp/qa/q6588650.html

気象庁:東北地方南部の風向き
http://bit.ly/fdIovA

日本国内の原発の所在
http://bit.ly/hrI8UV
posted by love4nature at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

東北地方太平洋沖地震、海外からできること

いつもは技術系の検索が多いのですが「地震 海外からできること」の検索で前回の「日本の地震を海外から心配されている方へ」という記事に入ってくる方が多いので、私なりの出来ることをまとめてみました。

(1)物資を送るわけにはいきませんから、やはり一番は募金です。そして、こうして他者に募金を呼びかけることも出来ます。

http://special.goo.ne.jp/donation_earthquake/
我が家は上記のサイトから海外発行のクレジットカードで募金しましたが、皆さんはご自身の状況に合う方法をご選択ください。ただ、中には詐欺もあるようですからご注意ください。

(2)日本の家族や友人に電話

日本の家族などと連絡を取っているうちに気づいたのですが、人によって、地域によって情報格差がかなりあるようです。私は今は訳あって、ほとんど一日中ネットに張り付いていられるので、日本のネットラジオを聞きっぱなしです。時々ustreamにも目を通します。

日本で被災している人たちは、やらなければならないことがたくさんあるため、情報収集も非常時ですから不足しがちでしょう。逆に私の方が情報が早かったりします。

被災している方々は、いろいろな意味で余裕を失っていると思うので、こちらから調べごとをして教えてあげることが出来ます。そして、電話で話を聞いてあげるだけでも被災の直中にいる人にとって良い意味での気持ちの切り替えになることがあるようです。

(3)励ましや、メッセージ、役立つ情報の発信です。

海外に住む日本人も国内に住む日本人も国難を乗り越えるために出来ることを各自がやっていく。そして、多くの人々が自発的に既に何かをやっている。やろうとしている。

世界中の人々に感動を与える日本人の真摯な姿
http://bit.ly/euB92x

日本は絶対に大丈夫。心からそう思います。

関連リンク集
メルマガ「ビジネス知識源」で福島原発の状況を具体的な知識とともに解説しています
http://archive.mag2.com/0000048497/index.html

現在の福島原発がおかれている状況の延長上に想定できる「最悪の事態」とは?

原発の格納容器を設計していた専門家など各分野の専門家の意見でとっても参考になります。
http://www.ustream.tv/recorded/13293716




福島第一原発の『最悪の事態』とは? 【
OKWave

http://okwave.jp/qa/q6588650.html

気象庁:東北地方南部の風向き
http://bit.ly/fdIovA

日本国内の原発の所在
http://bit.ly/hrI8UV


posted by love4nature at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

日本の地震を海外から心配されている方へ

日本の地震を海外から心配されている方へ

まずは今回の地震で被災されている方々にお見舞い申し上げます。私も日本に家族がおりますので、ラジオとインターネットに釘付けになっております。

Google Earth がインストールされているパソコンで下記サイトからダウンロードできるkmzファイルをダブルクリックすることで現在進行中の地震状況を視覚的に確認できます。明らかに南下し東京周辺に向かっているように見えるため心配しています。
http://www.4shared.com/file/U8tv245j/eqs7day-age1.html
イメージ 1.jpg

地震発生当初ustreamを見て情報を得ていました。http://www.ustream.tv/  TBSのストリーミングでは10分で、送受信の転送量合計が35MBでした。

ニュージーランドのブロードバンド事情は未だ月間のデータ転送量に制限があり、この点が問題なのでラジオに切り替えました。

パソコンの場合は、下記のサイトにアクセスすることで、日本国外からリアルタイムラジオが聞けます。
http://www91.nhk.or.jp/r1live/
上記のNHKラジオでは、
10分で約3MBでした。これならつけっぱなしにしても気になるレベルではありません。24時間連続使用で432MBです。家は月間40GBの契約です。

外出時のラジオ視聴は、iphoneのアプリで Radio JP を使っています。こちらもustreamに比べて大幅に転送量を節約できます。3Gでも使用可能で録音まで出来ます。

日本への通話は、Skype Out の使用をお勧めします。なぜか通常のかけかたで通じなくてもSkype Out だと通じることがあります。実際に11日の夜に東京と通話がすんなり可能でした。日本の携帯とも可能でした。

私たちと同じく海外で日本の家族などを心配している方に役に立てばと思います。

東北地方太平洋沖地震、
海外からできることは?

関連リンク集
メルマガ「ビジネス知識源」で福島原発の状況を具体的な知識とともに解説しています。
http://archive.mag2.com/0000048497/index.html

現在の福島原発がおかれている状況の延長上に想定できる「最悪の事態」とは?
原発の格納容器を設計していた専門家など各分野の専門家の意見でとっても参考になります。
http://www.ustream.tv/recorded/13293716


福島第一原発の『最悪の事態』とは? 【
OKWave
http://okwave.jp/qa/q6588650.html

気象庁:東北地方南部の風向き
http://www.jma.go.jp/jp/amedas/205.html?elementCode=1

日本国内の原発の所在
http://www.jaif.or.jp/ja/nuclear_world/data/image/jp_npp-location.jpg

posted by love4nature at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。