2010年12月16日

外交は宗教トラブル解決のようなもの。 反日国との外交は理想と信念と理解と主張で解決へ(1)宗教紳士・前編

前に宗教の勧誘みたいなのが家に来ました。いつもは忙しいとか言って相手にしないのですが、その日はなぜか話し込んでしまった。

たいていは2人組で来るのですが、そのときはいかにも紳士という言葉が似合いそうな男性が一人でした。彼から最初に「あなたは神を信じますか?」というお約束の問いが飛んできました。彼の聞き取りやすいクリアな英語にイギリス人かなという印象を持ちました。

彼の問いに対して、私は「信じてるよ」と答えました。すると、彼の顔が緩みました。ちなみに私は他人が作った特定の宗教を信用しないと言う意味の無宗教です。以前はエンジニアで理系思考に偏っていた私ですが、数年前のある経験から、人知の及ばない世界については、その存在を認めざるを得ないと考えています。

その宗教紳士は「戦争に貧困、経済問題、犯罪増加、環境破壊・・・人類が抱えるこうした問題から、神は私たちを救ってくださる。神はなんとすばらしいのでしょう」と言いました。

この時点で突っ込みたい気持ちはあったのですが、私はとりあえず彼の話に沿って質問してみました。「どのように救ってくれるのか?」と。

すると彼は「神の政府が現在の各国政府を打倒して世界を治める。そのために大掃除が始まり、たくさんの悪をゴミとして捨てる。そしたら皆が平和と健康を得られる。すばらしいと思わないか」と・・・宗教紳士の口から出たこれらの言葉に私は驚くことはありませんでした。

このような思想を持つ人々と私たちはこの惑星の上に同居していることをあらかじめ知識として知っていたからです。善し悪しの問題ではなく現実として、いろいろな思想があるわけです。彼が語る神の計画は聖書に記されていると、パラパラとページをめくって説明をはじめました。

これはたまらんと思い、私にとって突込みどころ満載の「彼の神」について意見し、質問してみました。「あなたの言うそれは神ではないと思う」「あなたの言うゴミとは何か?」と聞くと詰まってしまっているので、さらに「ゴミってあなた方の尺度で悪いことをする人々や、その教えを信じない人のことか?」と聞くと、また聖書のページをめくり説明をはじめました。

彼曰く「この世界は人間も含めて偉大なる神が作られたものだと」「その神の言うことを人間が守れば人類は救われる」と。その神の言うこととやらが聖書にかかれているのだとか。もちろん、私の質問に対する応えはありませんでした。完全にスルーです。笑

きっと、スルーではなく彼にとっては適切な答えだったのです。皆、偉大なる神によって作られたのだから、神の言うことを聞かなくてはならない。聞けないやつらは皆ゴミだという意味なのでしょう。

つづく
posted by love4nature at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界のパワーバランスを一気に変えてしまうトンデモナイ報道



日本が産油国になるという情報なのになぜかひっそり報道

生産能力10倍 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見
http://bit.ly/gLvqD5(朝日新聞)

アサヒってるのかと思ったら、日経も違う文章で同様の内容を報道

石油を作る藻類、生産効率10倍 筑波大が沖縄近海で発見
http://s.nikkei.com/ffH1Ks(日本経済新聞)

2010/12/14 21:07
ニュースソース
日本経済新聞 電子版

 これまで見つかっているものより10倍以上も高い効率で石油とほぼ同じ成分の油を作り出せる藻類を、筑波大の渡辺信教授らが発見した。大規模に育てて油をとれば、1リットルあたり50円程度で安価に石油の代替燃料を生産できる見通しという。量産法や最適な抽出法などの開発が必要なため、本格的な商業生産には10年程度かかるとみている。

 新しい藻類は「オーランチオキトリウム」。沖縄地方の海で発見した。従来から研究している藻類と比べ、一定の個体数から得られる油の量は少ない。しかし繁殖速度が極めて速いため、同じ広さの空間で同期間育てた時の油の生産量は12倍に達することを確認した。

 海などにすみ石油と似た成分を作り出す藻類はこれまでも知られ、トウモロコシからバイオエタノールなどを作るよりも生産効率が10倍以上高い。油の回収や処理を含む生産コストは1リットルあたり800円程度かかるのが難点だったが、今回の藻類なら10分の1以下に下げられるという。

 渡辺教授は「これほど効率よく石油と似た油を作る藻類は世界でも例がない」としている。

これらのニュースは2010年4月に産経が報じた下記のニュースの続報です。
http://bit.ly/c3MEsK

さらに遡ること1年。
2010年4月の日経エコロジーの記事は技術的に詳しい
技術事始/藻類から作るバイオ燃料
http://bit.ly/cjYCD6

当時はコストが問題ということでしたが、その後の研究で今回は、効率が10〜12倍になったとの報道です。コスト問題はクリアされたようです。

本当にこの報道のとおりなら、日本政府は直ちにこの研究に政府資金を投じ、国家を挙げて戦略的かつ長期的な運用を考えていくべきだと思います。

他国との利害が衝突するトンデモナイ技術ですから、国家の力でこの研究を守り育てないと。

そのためには日本国民がもっとこの技術について知る必要があると思う。

<続報>
ギズモードでも紹介されましたね。
http://bit.ly/e998ji

深さ1m、1辺の長さが20kmの正方形の池で培養すると1年分の日本の石油消費をカバーできるということですね。本当にすごい。産油国日本誕生。渡邉信教授らを守るためにも日本政府は公式に補助金を捻出し国をあげて実用化を急ぐのが良いかと思う。


日本には他にも明るい未来を想像できる有望な技術が・・・

太陽光レーザーで海水から効率的にマグネシウムを取り出して燃料に
http://bit.ly/hzUD5

レアメタル回収、微生物で簡単に 森下仁丹など特許出願
http://bit.ly/agAFtj

な〜んだ、日本の未来って明るくなる材料が結構あるようですね。
材料を活かすも殺すも日本人一人ひとりの想いと行動にかかっているのかも

自分にできることを真っ直ぐやっていけば道は開ける。きっと。

posted by love4nature at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。